手塩娘ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでネタバレ 4話 【一緒にいたい気持ちをわかってもらうため】

▼立読みはブッコミでできます!▼

>>ブッコミ



タイトルは『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』です♪

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ネタバレ 4話 ダイジェスト!

▼前回の3話ネタバレはこちら▼

 

陽葵に望まれるままに家に戻った俊樹。

 

 

翌日、いつも通りに過ごしたところで俊樹は『陽葵はきっと出頭を望んでいる』と考える。

 

 

しかし、家に帰ってきた陽葵は驚くべき行動に出る。

 

 

それでも罪を償うべきだと考えていたが、陽葵はその俊樹の思考を先読みしていた。

 

 

「お父さんの気持ちいいことしてあげる」

 

 

陽葵が昨日言った言葉は本心でそこには嘘偽りなど無い。だから陽葵は、自分の意思で俊樹に歩み寄ろうとしていたのだ。

 

 

だがそこでとんでもないことが分かってしまう。

 

 

陽葵の巨乳は、とてつもなく重いのだ。

▼次回5話のネタバレダイジェストはこちら▼

 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ネタバレ 4話の登場人物の動き

陽葵の気持ちを知って出ていかないことを約束する『中村俊樹』

 

一晩経ち、『やはり陽葵は出頭を望んでいるかもしれない』と考えた俊樹。

 

 

それとなく陽葵に確認しようと思っていたのだが、なんと陽葵本人からその話を振られる。

 

 

『お父さん出頭しようとしてるでしょ』と。

 

 

陽葵の本心を知り、さらに陽葵の巨乳の重さを知ります。

 

 

 

俊樹に踏み込んできたヒロイン『中村陽葵』は証明する。

正義感の強い俊樹のこと。『警察に出頭する』と思っているに違いない。

 

 

そう思って陽葵は夜に俊樹の元を訪れる。

 

 

自分が出頭など望んでいないということを証明するためだ。

 

 

昼間にHな動画を見て勉強した陽葵は今それを俊樹に対して実践。

 

 

手を使い、胸を使い、自分の気持ちをわかってもらおうとします。

 

 

4話の見どころ!すべてを知って受け入れる陽葵が優しすぎる!

 

やはり血がつながらないとはいえ親子。ばっちり俊樹の思考を読んで陽葵は自分の気持ちをわかってもらうために俊樹と同じように共犯になりました。

 

 

人に信じてもらうには自分も同じだと信じてもらう必要がありますが、今回陽葵がやったのはそういう儀式みたいなものですね。

 

 

この陽葵の心理描写がこの4話の見どころになります。

 

 

それにしても可愛いほんと可愛い。

 

 

『お願いだからいなくならないで』

 

 

という俊樹と一緒にいたい気持ちがひしひしと伝わってきます。

 

 

本当に陽葵は漫画映えする良いヒロインですよね!